ヒルクライム*5本でくたくた~

本日は昼過ぎからトレーニング。


昨日のウェイトトレーニングで脚痛めまして。と言ってもウォームアップ不足のままスクワットしたらブチブチっと、そりゃそうなるわな。怪我しないためにもウォーミングアップはしっかりやりましょう。


ちょっと太ももの後ろ(ハムストリングス)が痛いけど、自転車で走るのは平気なので今日はしっかり走っておこうかな。いつも同じところを走っているとまんねりしてくるので、久々に京見峠をアタック。


京見峠はこの辺りだと誰もが挑戦したくなる峠で、STRAVAなんかでも色んな人の記録が見れておもしろい。ホントに速い人なんかは8分台で登ってしまうそうです。


8分台、、、ですよ?登ったことある方ならわかるはず、脅威的なタイムにも程があるわ!

8分でどうやってあそこまで登るんだって!!




ちなみに、先に言い訳させてもらいますが、私が乗ってるのはあくまでマウンテンバイクですからね!!

いくら軽量だとは言え、サスペンションも付いてりゃ(当然ロックして登るけど)タイヤも太いってことだけ先に伝えておきましょう~^^;


いや、でも。

この8分台や9分台の方はローディーに違いないと勝手に決めつけてるけど、マウンテンバイクで走った人も中には混ざってたりするのかな。。。それは、怖い。


実際どうなの??


さてさて。

今日は普通に走ってもおもしろくないので京見峠を5本走ると決めてきました。



1本目は頑張ってタイムを狙う。


ゴールしたらすぐに折り返して下りながら心拍数おとして脚休める。スタート地点まで戻ってきたら、すぐに計器類セットしなおしてスタート(目標30秒以内)。

2本目3本目と繰り返します。


4本目と5本目はさらに自分ルールも加えて走ってみましょう。

4本目は『スタンディング縛り』スタートからゴールまで一切サドルにお尻つけないというルール。5本目はその逆『シッティング縛り』一切お尻を浮かさないというどちらもマゾイスト好みのルール。



これ、レースでもそういう局面があるんですよ。スタンディング(ダンシング)でオラオラ攻めていきたいけど速攻脚に乳酸たまって無理~とか。座りたいけど座れない~とか、ギア上げたいけど上がれない~とか、縛りルールは、しておいた方がここぞという時にがんばれます。



どうやらこの温度計からスタートするのが一般的なよう。

本日、6℃です!


ここから距離にしておよそ3km、標高にして230mほど登るとゴールです。

私はこの青い道路案内標識まで走りましたが、皆さんこの一本手前の電柱まででゴールしているようです。登り切ったらこの標識までやや下りますので、わかりやすく登り切ったところがゴール。次からはそうすることにしましょう、50mでも無駄に頑張りたくない(笑)


<峠のデータ>

距離:2.9km/獲得標高:230m/平均勾配:7.8%


して、今日の結果は!!?

1本目:11分55秒/平均速度14.2kmh/心拍数170bpm(最大183bpm)

2本目:13分30秒/平均速度12.7kmh/心拍数168bpm(最大181bpm)

3本目:13分28秒/平均速度12.1kmh/心拍数171bpm(最大177bpm)

4本目:14分45秒/平均速度11.6kmh/心拍数170bpm(最大181bpm)

5本目:15分13秒/平均速度11.0kmh/心拍数160bpm(最大167bpm)


頑張ったよ。うん頑張った。


なんとか11分台では走ってるし。2本目で1分半も落ちたのはビックリだけど。

4本目のスタンディング縛り、これは正直やばかったです。何度となく休ませてくれ~ってなったけど、何とかゴールまでスタンディングで通しました。これができたのって多分ウェイトトレーニングでこの状況に似た負荷・回数でスクワットひたすら繰り返したおかげかと思います。

5本目はね、もう力尽きました。シッティングに甘えて休んじゃいました。軽~いギアでただただペダル回すって感じ。心拍数がすべてを語ってる笑。




で、、、くたくたです。


明日は子供連れてキッザニア。

中には結構人気のお仕事もあるみたいで、予約に走ったりブースを回る順序をシミュレーションしたり、娘・息子が最大限回れるようにお父さんは明日、走りまわる予定です。


わ~い。

0コメント

  • 1000 / 1000

いすろぐ~36歳マウンテンバイク日記~

オリンピック競技にもなっているマウンテンバイク・クロスカントリーレース。 32歳で競技デビューして今年5シーズン目を終えた。2018年のナショナルランキングは55位、なんとか来シーズンもエリートクラスで走る切符は手にいれたものの、これでいいのか!!不甲斐ない走りを繰り返してしまった今シーズンを反省し、もっと上を目指そうと誓った36歳男・子供2人・京都で輸入代理店を営む私、椅子(いす)の日記です。